cosme(アットコスメ)を利用して化粧品をタダで手に入れる

化粧品をタダでゲットするには、@ cosme(アットコスメ)を使います。

@cosme(アットコスメ)は、化粧品・コスメ情報専門ポータルサイトです。

@コスメで口コミや美容の情報をチェックしたり、下の画像のようなゲームで
遊ぶだけで、コイン(ポイント)が貯まってゆき、化粧品を買う事ができます!

さあ、今すぐあなたも@コスメに登録してコインを貯めましょう!

<登録の仕方>

①インターネットで、@コスメのサイト http://www.cosme.net 
のトップぺージにいきます。

このページが表示されたら、「メンバー登録」
のボタンを押してください。
メンバー登録の画面になりますので、
ご自分のメールアドレスを準備しておいてください。

② 空欄に、ご自分のメールアドレスを入力してゆきます。

メールアドレスを入力したら、「確認メールを送信する」の
ボタンを押しましょう。
すると、次のような画面に切り替わりますので、
今度はメールボックスをチェックしましょう。

③ @コスメからこのようなメールが
届いていますので、青く表示されてい
るアドレスをクリックしましょう。

すると、下のような情報入力の画面に切り替わります。

⑤ ここでご自分の「ニックネーム」と、「パスワード」を入力しましょう。
他の人が同じニックネームを使っていないか確認するため、ニックネームを入
力した後に、「使えるかチェック」ボタンを押してみましょう。

ニックネームやパスワードを決めたら、性別や生年月日などの基本情報を入力
してゆきます。

下にスクロールしてゆくと、このような画面があり、今度は自分の「プロフ
ィール」を入力することになります。

この「プロフィール」は他の人にも公開される情報です。
自分の
・肌質
・髪質、髪量
・血液型
などを入力し、自分と同じ肌質、髪質の人がオススメしている化粧品をチ
ェックできます。
「コスメのお好み・タイプ・関心」は任意で複数選べます。
好きな項目があったら、チェックボックスをクリックして選んでおきまし
ょう。

⑥ その下にいくと、今度は「プロデュースメンバーの登録」画面になります
が、これは任意登録になります。
プロデュースメンバーに登録しておくと、新商品のモニターになったり、イベ
ントに招待されます。希望する人だけ、住所・氏名などを入力してきまし
ょう。
今度は、メールマガジンの登録です。
メールマガジンを受け取りたいときは、「受け取る」にチェックをいれまし
ょう。
(○ボタンをクリック)
その下にゆくと、今度は「ランキング参加」の設定になります。

あなたの投稿した口コミなどが他のメンバーから「役に立った」とたくさん認
定されると、ランキングが上がってゆきます。参加したいときだけ、
「参加する」の○ボタンにチェックをいれておきましょう。

⑦ 以上の情報を入力し終えたら、最後に「@コスメ総合利用規約及び
個人情報の取り扱いについて」を確認しましょう。

確認したら、「確認画面へ」のボタンを押します。
最後に、ご自分の入力した個人情報の確認画面になります。
すべてOKだったら、無事登録終了です。
今後は、@コスメのサイトにご自分のメールアドレスとパスワードでログイン
し、コインを貯めたり、口コミを投稿したりできます。
コイン(ポイント)は貯まると、@コスメのサイト内でショッピングに使えま
す。
コインを貯めて、化粧品をタダでゲットしましょう!

チョッパーフランキーのブログ

うさぎドロップは好きです。

急に子供を引き取って育てる事になり、しかも男の自分が、と、悪戦苦闘するお話です。


ただ、あまり、主人公が深刻にならなくて、妙に色んな事を考えて計算して1つ1つクリアしていき、自分に置き換えて考えてみると大変そうだけど何か、楽しそうなイメージがありました。


勿論、相当大変だと思いますけど。主人公の女の子が素直で育て易かったみたいですが、育てている男子は会社の部署を替えてもらい子供中心の生活に代えて行きます。

勿論、家族のアドバイスやバックアップもありますが。子供が成長しても心配はつきないです。進学の事やこれからの生活の事など、主人公の女の子も成長しますが、育ての親の男子も成長します。二人にはこれからの生活を頑張って欲しいです。

マンガコミック

感動長編マンガ 一度は読んで欲しいうしおととら

数々の作品を読んできましたが、感動できるマンガといわれると私はうしおととらが浮かびます。藤田和日呂先生が描く長編マンガです。

主人公の潮はまっすぐで心優しく、不器用ながらも正義感のあふれる元気な少年です。そんな潮が自宅の地下室で槍に貫かれ身動きが取れなくなっている妖怪に出会います。それをきっかけに潮はこの世のものではないものを目にするようになり、反発しあいながらも、とらと名づけたその妖怪と共に戦いを繰り広げるようになります。

登場人物一人一人にしっかりとしたドラマがあり、それを潮の目線から向き合っていくストーリーはとても見ごたえのあるものになっています。


長編マンガはどうしても途中で飽きてしまったり、最終回で納得のいかないものもありますがうしおととらは最後まで笑いあり涙ありで、むしろ最終面に差し掛かるにつれて物語は盛り上がりを見せてくれます。きっと一度読めば忘れられないマンガになると思います。

コミなび
ギャラリー
カテゴリー
  • ライブドアブログ